単身引越を選ぶ人

単身引越は、現在単身引越パックを利用する人というのが、一般的な解釈となってきています。ここでは、単身引越パックを選ぶ人とはどのような人なのかということを述べていきたいと思います。
まず、単身引越パックの特徴は、通常の家族引越しプランの料金よりも格段に安いという金銭的なことと、運ぶ荷物の量に制限があるという物理的なことです。荷物の量の制限とはどのくらいなのかというと、各社様々ありますが基本的に専用コンテナやボックスに入る分だけとなっています。専用コンテナやBOXの大きさは大体がテレビや冷蔵庫、洗濯機といった生活に必要な家電製品や、洋服や雑品、布団などダンボール10箱程度が目安だと言われています。
このことから、単身引越パックを利用できる人が限られてくるということがわかります。ですから、利用できる人の条件は荷物の量が少ないという人であることだといえます。もう少し具体的にいうと親元から離れて暮らそうとする学生や、新社会人や職場異動で就職先配属先が住んでいる地域にない方、単身赴任の方などが挙げられます。これは引越業者からの利用条件ということで、引越業者の視点から見た単身引越パックを選ぶ人であります。利用者側の視点から、単身引越パックを選ぶ人といのは、このような人です。引越し費用をできるだけ安くしたいなという人です。こちらは金銭面を重要視しています。荷物が少ないのですから、やはりその分、家族の引越プランより格安でサービスを提供してほしいですよね。
これまでに述べてきたことを要約すると、単身引越パックを選ぶ人の特徴は、荷物が少なく、故に安く引越を行いたいという人が多いといえます。

関連記事
小中学校の就学援助制度は母子手当受給者も補助対象
パソコン3R推進協会
不法な不用品回収業者の環境問題
引越しのお掃除サービス
引越しの荷作り・運搬について
単身パックの引越し
引越し料金が安い運送会社
車を高く売却したい

このページの先頭へ