旧居と新居の手続きタイミング

引越の予定が立った時に、まず始めにしないといけない手続きとは何かというと、それは今住んでいる住居が賃貸の場合、その解約手続きです。今住んでいる賃貸のお部屋などの契約内容によって変わってはきますが、大方引越日の一ヶ月前にはこの部屋を出ますよと申告するようになっています。これは契約内容だからということもありますが、モラルの問題でもありますので、非常識な退出にならないように心がけたいところです。この、退出手続きの日にちは比較的わかりやすいので、あまり心配でないかと思います。問題は、この引越に合わせた時の新居の契約時期です。早すぎず遅すぎずのタイミングがいいのですが、なかなか難しいです。新築で、この月からしか入れませんよという物件なら、まだわかりやすくていいのですが、そうでないところで、自分に合った新居を見つけた場合、早すぎると新居にも旧居にも家賃を納めないといけないという二重の支払いが生まれてしまいますし、遅すぎると、いつまでも荷物が搬入できないという事態が発生してしまいます。賃貸ですから、必ず大家さんが存在するかと思いますので、相談してみましょう。
余談ですが、新居を契約する際に、できればお部屋をみせてもらっておくと、お部屋のイメージやどこに何を置くといいかなど、インテリアについて考えることができます。これは意外と肝心なポイントです。なぜならば、引越業者など、引越をお手伝いしてくれる人たちに、スムーズに家具の置き場などを指定できるからです。時は金なりですので、自分の時間も、人の時間も大切に無駄なく使えるようにしましょう。

関連記事
小中学校の就学援助制度は母子手当受給者も補助対象
パソコン3R推進協会
不法な不用品回収業者の環境問題
引越しのお掃除サービス
引越しの荷作り・運搬について
単身パックの引越し
引越し料金が安い運送会社
車を高く売却したい

このページの先頭へ