単身引越の普及の背景

様々なサービスが生まれている引越業界でも、ボツになった企画も当然あるだろうという中で、なぜこの単身引越サービスが急激な成長を遂げたのか、それはやはり企業の形態変化や、県内外などの大学、専門学校などへの進学率アップが背景にあるのではないでしょうか。企業でも転勤は全国、海外など多岐に渡っています。また遠方への転勤となりますと、所帯持ちの会社員だと単身赴任ということが多いでしょう。このため、単身引越の割合がかなり増えたため、家族引越プランと区別していかないとニーズに合わないということになります。学生の引越にも同じようなことが言えます。教育を受けるということが当たり前になってきている日本で、やはり家計をおさえて引越をしたいという家庭は多数あり、それがバブル崩壊からの不景気とも相まって、コスト削減重視思考が広まった結果普及の後押しをしたのではないでしょうか。
その他にも、核家族化や晩婚化といったことも普及から定着、定番と成りえた背景に挙げられます。近年では夫婦のあり方が変化しつつあり、結婚をしているからと言って、子どもがいるとは限りません。家族の人数が少なくなると、当然荷物の量も減ってきます。良心的でない企業は、やはり衰退してしまいます。低コストで可能な引越しを提案することによって、より一層の企業の成長を手に入れることとなれば力を入れていかなければなりません。自由な発想でサービスを利用できる、この単身引越サービスが注目されるのは当然の結果だと言えるでしょう。

関連記事
小中学校の就学援助制度は母子手当受給者も補助対象
パソコン3R推進協会
不法な不用品回収業者の環境問題
引越しのお掃除サービス
引越しの荷作り・運搬について
単身パックの引越し
引越し料金が安い運送会社
車を高く売却したい

このページの先頭へ