引越しトラックの大きさ

引越を安くするためにはできるだけ料金を低く抑える必要があります。そのために無駄に料金を釣り上げないのも引越を安くするためのコツです。
引越の料金はトラックの大きさでも決まります。一人暮らしで荷物が少なければ、軽トラックの移動だけで済み、それだと料金も一段と低いです。引越業者の相場はトラックの重量1トンに対して決められています。つまり1トン1万円という相場であったなら、4トンで4万円という具合です。
このトラックの大きさは家族構成などでも決められますが、主に荷物の量、段ボール箱の数で決められます。荷物が多いほど、大きなトラック、複数のトラックが必要になってきます。
トラックの大きさで値段が決まるということは、荷物の量が違っても、トラックの大きさが同じならば料金が同じということになります。極端な話、同じ2トントラックを使用しても、荷台に隙間がないほど詰め込んでも、段ボールひと箱しか乗せなくても値段が同じなのです。
ですから、引越料金を安く抑えるためにはできるだけトラックギリギリを狙っていきたいのですが、下手をすれば一段階大きなトラックになってしまう可能性もあります。だからこそ、できるだけ荷物を少なくする方法で引越料金を抑えていきたいです。
荷物を少なくする一番のコツは使わない物は捨ててしまうことです。もしかしたら使うかもと思っているものでも、それが長年使っていない物だったら、これから先も使わないかもしれず、そのせいで引越料金が高くなるのは避けたいところです。引越を機会に私物の整理をするのも、引越を安くするのにつながります。

関連記事
小中学校の就学援助制度は母子手当受給者も補助対象
パソコン3R推進協会
不法な不用品回収業者の環境問題
引越しのお掃除サービス
引越しの荷作り・運搬について
単身パックの引越し
引越し料金が安い運送会社
車を高く売却したい

このページの先頭へ