引越しの荷作り・運搬について

いよいよ引越という時に、荷作りってどうすればいいんだろうと思うことはないですか?
例えば冷蔵庫なんて直前にお掃除したのでいいやと、気軽に考えてはいませんか?
しかし、身近な存在となっている家具や家電製品は、自分が思っているよりもずっと、デリケートな代物なのです。例えば、冷蔵庫です。まず、冷蔵庫の中身は当然ですが空にしておきます。ここで忘れがちなのが、作っておいた氷の存在です。さらに、霜も気づかないだけで、しっかりついています。これらは最低、引越し前日にはきれいに拭き取って、電源を抜いておいてください。これらの作業を前日までにしておくと、引越当日に水分が残っていないかどうかが確認できるので、他の荷物が水浸しということになる可能性が極めて低くなります。このように最終確認を行うために、冷蔵庫と言わず、他の荷物の不備などもチェックしておきたいですね。ですから、ある程度の荷作りは前日には完了して、最終チェックに十分な時間と余裕を持っておきたいものです。
そして、運搬についても同じことが言えます。気を抜かずに、正しく安全に荷物を運搬しましょう。運搬方法についても冷蔵庫には注意事項があります。まず、横に寝かせることなく必ず縦にして運んでください。そうしないと庫内の圧縮機に入っている冷凍機オイルが冷却システム内にまわってしまい、故障の原因となります。また、引っ越し後すぐに電源を入れたくなりますが、その気持ちは抑えましょう。なぜなら、冷却させるためのガスなどが庫内にて安定するのに1時間は必要となるからです。それまでは他の荷物の荷解きなどにあたりましょう。このように、冷蔵庫ひとつとってみても、かなりの手間がかかります。思い込みで、せっかく運んだ荷物を台無しにしてしまわないよう、家電や、家具の取扱説明書などをしっかり保存しておくことをお勧めします。最後に、荷作りの優先順位や、引越道中の注意事項や打ち合わせ、そして荷解きの優先順位など把握できるように、工程表を作っておくと便利ですので、引越をお考えの方は試してみてください。

関連記事
小中学校の就学援助制度は母子手当受給者も補助対象
パソコン3R推進協会
不法な不用品回収業者の環境問題
引越しのお掃除サービス
引越しの荷作り・運搬について
単身パックの引越し
引越し料金が安い運送会社
車を高く売却したい

このページの先頭へ